銀杏ご飯(炊き込みご飯)

 

『銀杏ごはんの作り方』を紹介するレシピページです。塩加減もわかりやすい、簡単炊き込みご飯です!スーパーで殻をむいた生の銀杏さえ買ってくれば簡単です。殻付きからでも作れるように、銀杏の殻のむき方から、銀杏ごはんの作り方・炊き方を写真つきで詳しく紹介しています!

用意するもの

米…2合

銀杏…20~30個(好みの分量で)

塩(自然塩)…小さじ1と1/3

酒…大さじ1/2(好みで)

3合を炊く場合は、加える自然塩を小さじ2に増やしてください(銀杏の量はお好みで)。

銀杏ごはんは、銀杏そのものの風味をストレートに楽しみたいので、昆布やかつおなどの出汁は入れないレシピにしています。

銀杏の殻割りは、1000円ほどで専用の道具も数多く販売されていますので、食べる頻度の高い方はぜひ。私も持っているものの、とんかちの方が銀杏を潰さずにうまくできるので、あまり出番はないのですが…。銀杏の殻割りにもいろいろな種類があるので自分に合ったものがあるかもしれないです!

ちなみに、白ごはん.comの塩味の炊き込みご飯全般について言えるのですが、ご飯だけを食べて美味しいようにしっかりめの塩気にしています。わが家はそれで普通に他のおかずと合わせて食べていますが、もし塩気が強いようなら適宜塩を減らして作ってみてください。

コメント

Avatar placeholder