七面鳥のローストの仕方

Play
PlayPause
 
Ryan Goodwin avatar
Ryan 作成したレシピビデオ Published on 2019/12/03, 5367 人が閲覧 , 0 コメント
yield12 部分total time120m

シンプルで美味しい祝日の七面鳥。ブラインをすることで工程が少し複雑になりますが、そうする価値はあります。

利用可能な翻訳en-USin-IDja-JP

用意するもの

水 1ガロン

シナモン 1スティック

ローリエ4枚

クローブ 小さじ1

黒胡椒 大さじ1

塩 1カップ

ブラウンシュガー 2分の1カップ

七面鳥 1羽

無塩バター 1スティック

(栄養成分456カロリー、 50.41 G脂肪、 undefined gの炭水化物、 3.01 Gタンパク質、 96 mgのコレステロール、 411 MGナトリウム)

作り方

1

Play

2

Play
食べる日の4日ほど前に冷蔵室に入れる必要があります。

大雑把に言えばゲスト1人あたり1ポンドの七面鳥1羽が適量です。なので12ポンドの七面鳥で12人用になります。七面鳥は冷凍されているかもしれませんので、食べる日の4日ほど前に冷蔵室に入れる必要があります。

3

Play

材料を集める。

ブライン

1

Play
液を作るには、水2分の1をボイルしましょう。シナモン1スティックを加えます。

はじめに、七面鳥が既にブラインされていないかを確認しましょう。場合によってはブライン済みのこともありますが、必ずしもわかりやすくはありません。ブライン液を作るには、水2分の1をボイルしましょう。シナモン1スティックを加えます。

2

Play

ローリエ4枚を投入。

3

Play

クローブを加える。

4

Play

黒胡椒を投入。

5

Play

塩を入れて混ぜる。

6

Play
冷ましてから冷蔵庫に入れます。

ブラウンシュガーを加える。5分ほど煮込んでから脇において冷まします。冷蔵庫に直接入れてはいけません。冷蔵庫の温度が一時的に上がってしまうので。室温まで冷ましてから冷蔵庫に入れます。

7

七面鳥に合う容器を見つける

七面鳥が入るほど大きな容器が必要です。ただし七面鳥がブライン液に浸るほどのサイズでなくてはなりません。

8

Play

この容器は大きすぎます。

9

Play

これは小さすぎます。

10

Play
袋を補助の容器に入れる必要があります。液が漏れる場合があるので。

冷蔵庫の引き出しがちょうどいいサイズだとわかりました。もちろんまずは洗いました。合う容器を探す時間がない場合は、ごみ袋を使いましょう。ただし、そのごみ袋を補助の容器に入れる必要があります。液が漏れる場合があるので。

11

Play

容器にブライン液を注ぎます。ハーブやスパイスは残しましょう。

12

Play
えてくれますが、それでも数時間は冷めないような温かい液に七面鳥を入れないようにしましょう。

残りの冷水を加えます。ブライン液は冷たくしましょう。とても冷たいのが理想です。バクテリアが好むのは温かく湿った環境です。塩は確かにバクテリアの繁殖を抑えてくれますが、それでも数時間は冷めないような温かい液に七面鳥を入れないようにしましょう。

13

Play

七面鳥を胸肉を下にしてブライン液にそっと入れる。

14

Play
ります。

七面鳥が十分に浸らない場合は、ビニール袋かワインボトルに水を入れて、それをブライン液にそっと入れましょう。そうするとブライン液を水増しできて七面鳥が浸ります。

15

Play

七面鳥を冷蔵庫に戻します。そのまま一晩ブラインします。長過ぎると、塩っぱくなって七面鳥の食感がおかしくなります。

ロースト

1

オーブンを華氏350度に予熱

オーブンラックをオーブンの下部に設置し、ロースティングパンに入れた七面鳥を置くのに必要な場合は余計なラックを取り除きます。オーブンを華氏350度に予熱します。

2

Play
皮の食感がよくなります。

七面鳥をブライン液から取り出します。すすいで乾燥させましょう。ロースティングパンのラックに置き、1時間ほど冷蔵庫に入れて皮を少し乾かします。これにより皮の食感がよくなります。

3

Play
します。あるいは、肉用の紐で足を縛ります。ももを胴体近くに固定することで、胸肉よりも速く火が通りすぎるのを防ぎます。

手羽先を掴んで肩へと移動させて背中にピンで固定します。脚に関しては、たいてい穴の下部に皮が余分にあるので、小さな穴の切れ込みを入れて足を押し込んで固定します。あるいは、肉用の紐で足を縛ります。ももを胴体近くに固定することで、胸肉よりも速く火が通りすぎるのを防ぎます。

4

Play

バターと七面鳥の皮は非常によく合います。むき出しの皮全体にバターを塗りましょう。

5

Play
。

そっと指を皮の下に差し入れて肉から離します。バター数切れをももと胸の皮の下に入れます。七面鳥が焼けていくと、バターが皮に染みていってパリパリになります。

6

Play

挽きたての黒胡椒で完全に覆います。

7

Play

塩を軽くまぶします。

8

Play
のホイルの目的は七面鳥の完成の前に皮が焼きすぎにならないようにすることです。

七面鳥にホイルを1枚そっと載せます。ぴかぴかしてる側が内側になるようにしましょう。そうしないと反射がオーブンの温度センサーに干渉することがあります。このホイルの目的は七面鳥の完成の前に皮が焼きすぎにならないようにすることです。

9

Play
イルを取り除きます。あるいは、七面鳥の胸を下にして調理を開始し、オーブンで1時間ほど経ってからひっくり返しましょう。胸肉の一番厚い箇所の中心と思われる付近の温度を確認します。複数箇所の温度も確認します。

内部温度が華氏161度になるまでローストします。1ポンドの七面鳥1羽につき約13分です。なので12ポンドの七面鳥は約2時間半調理します。調理の途中でホイルを取り除きます。あるいは、七面鳥の胸を下にして調理を開始し、オーブンで1時間ほど経ってからひっくり返しましょう。胸肉の一番厚い箇所の中心と思われる付近の温度を確認します。複数箇所の温度も確認します。

10

Play
汁が出ますので、肉汁を受けるものを用意しましょう。15〜20分休ませます。

オーブンから取り出した後は、七面鳥を傾けて余分な肉汁が空洞から流れ出るようにしましょう。それからカッティングボードに移します。切っていくとたくさんの肉汁が出ますので、肉汁を受けるものを用意しましょう。15〜20分休ませます。

11

Play

七面鳥の切り分け方に自信がない場合は、添付のレシピを確認して腕を磨きましょう。

12

Play
というものです。

七面鳥を大皿にきちんと並べて配膳します。私の好みは、もも肉を中央に配置して、そのまわりに薄切りの胸肉をきちんと並べ、それから手羽元と手羽先を上に載せるというものです。

13

Play

コメント

Avatar placeholder