ほうれん草のフリッタータ

レッドオニオンとパルメザン添え

 
Ryan Goodwin avatar
Ryan 作成したレシピビデオ Published on 4/12/2018, 17733 人が閲覧

タマネギ、卵、パルメザン、コショウを使った、素早く簡単にできるホウレン草のフリッタータです。 週末のブランチの卵料理をお探しならば、完璧なメニューです。 また私はこのフリッタータを平日の夜に「ディナーのための朝食」として出すのも好きです。あなたが包まないオムレツや卵の殻の入っていないキッシュを探しているのなら、ぜひこのフリッタータを試してみてください。

Translations available inen-USpt-PTja-JPfr-FRth-THin-IDsk-SKko-KRro-ROar-EGvi-VNsv-SEtr-TRcs-CZde-DEes-ESpl-PLit-ITru-RUel-GRzh-CNfi-FInl-NLiw-ILno-NOms-MYbg-BGhi-IN

用意するもの

レッドオニオン1個

ほうれん草1束

卵8個

すりおろしたパルメザン500g

水大さじ2杯(30g)

味付け用の塩と胡椒

作り方

1

タマネギを半分にカットし、皮を剥がし、「タマネギの虹」のような小さいアーチになるようにスライスします。

2

中火でオリーブオイルで、オニオンを炒めます。 このメニューでは、オニオンが少し焦げるくらいでいいでしょう。このことで風味と食感jが少し豊かになります。

3

オニオンを炒めている間、ほうれん草を良く洗っておきます。

4

。

ホウレンソウを丸太にのように巻いて、それを小さくスライスしていきます。 厚さは1/4インチくらいがよいでしょう。あまり薄過ぎにならないようにしましょう。

5

レッドオニオンが柔らかくなったら、オニオンをほうれん草の中に入れましょう。

6

卵にチーズを混ぜたら、フリッタータが濃くなりすぎないように、水も少し加えます。

7

塩胡椒を加えてよく混ぜます。

8

卵を調理したほうれん草とオニオンに加え、スパチュラを使ってよく混ぜてください。

9

コンロの上に数分かければ、卵が固まり始めます。

10

。 今回焼きあがるまでには約12分かかりましたが、この時間はフライパンの大きさによって変わってきます。

コンロでも弱火をうまく使えば、フリッタータを作ることは可能です。しかし今回私はフリッタータを350°F(175°C)のオーブンの中に入れて調理しました。 今回焼きあがるまでには約12分かかりましたが、この時間はフライパンの大きさによって変わってきます。

コメント

Avatar placeholder